診療のご案内

抜かない・削らない治療

抜かない・削らない治療を目指した理由
当院では、抜かない・削らない治療に特にこだわっています。
一度歯を失ったら元に戻ることはありません。歯を抜いても削っても、新たな問題が発生するのは明確です。また歯の寿命を持たせる意味でも、
当院では、なるべく抜かない・削らない治療を心がけています。そのために必要なことは、病気を重症化させないための取り組みです。
たとえばむし歯であれば、定期検診でフッ素を塗布し、その都度患者さまにむし歯を進行させないよう、意識づけも行っています。
同時に、歯科衛生士とチームを組み、良い状態をなるべく長く保つような口腔ケアも実践しています。
また、削らない治療として、当院では「ダイレクトボンディング」という手法を取り入れています。
抜かない・削らないための取り組み
歯を保存すること、歯ぐきを良い状態に保つことは、長く
「ご自身の歯で噛める」ことにつながります。
歯を抜かない・削らない治療のひとつの取り組みとして、
当院では「ダイレクトボンディング」という歯の修復方法を取り入れています。
これは、歯に負担をかけることなく、むし歯などの治療ができる方法です。

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、むし歯ができた部分を最小限で削り、歯に負担をかけることなく歯の形を修復する方法です。すきっ歯などの間を埋めるといった修復も可能です。即日で修復が可能で、基本的には全部の歯に適用できます。
むし歯になっている悪い部分は取り除き、健康な部分はきちんと残した状態で、修復専用の材料で歯を形作っていきます。その後、きれいに研磨して完了となります。
ダイレクトボンディングの一番の特徴は、仕上がりがきれいにできることです。セラミックより安価で修復ができる点も、メリットのひとつと言えるでしょう。前歯のような目立つ歯であっても、問題なく使用できます。また、歯の色も調節できるので、患者さまの口元に合った歯にすることができる修復方法です。